2009年04月05日

スポーツジムで気になること

銭湯代わりに風呂を利用するようになってから、定期的に行くようになったスポーツジム。
通っていて気になったことを挙げてみます。
きちんと統計をとったわけではないので、根拠はゼロですが。

「常連ほどスリム」
「メタボはすぐに来なくなる」と言い換えてもいいかもしれません。世の中にダイエット法やその手の本はあまたありますが、一番の秘訣は「継続は力なり」なのでしょう。

「イケメンスタッフはすぐ辞める」
ある日突然いなくなっています。
不景気なご時世ですが、イケメンには需要があるのかもしれません。ホストにでも転職するんでしょうか。

「マッチョは早風呂」
湯船からも、サウナからも、あっという間にいなくなります。ゴリマッチョ度が高くなるほど、入浴スピードもアップするように思います。 速筋を鍛えていることと関係があるのでしょうか。

「オカマ走りにメタボなし」
ランニングマシンでオカマ走りをしているのは、ビジュアル的にとても気持ちが悪いです。が、オカマ走りの人には、スリムな人が多いです。「オカマ走りダイエット」なんていう理論を発明したら、結構イケるかもしれない、と思ったりします。

「マナーが悪いのは50〜60代」
主にロッカールーム兼脱衣場でのことです。
・携帯電話で大声で話す。
・自分の荷物をそこらじゅうに散らかす。
・混んできても、除けようとしない。
・ベンチの上に靴を置く。
・風呂場でシャワーのお湯を隣に飛ばしてくる。
「自分は偉いから、何をやっても許される」という、迷惑な勘違いをしている人が多いように思います。これは、スポーツクラブに限らず、通勤電車内や飲食店などでも同様のことを感じることがあります。その上の世代、70代と思しき人たちは、非常に紳士的な人が多いように思います。

「エアロビクスは若作り」
スタジオでエアロビクスのプログラムをやっている人は、ほとんどが中高年です。そして、ほとんどが原色やパステル風のウェアを着ています。プログラム終了後、スタジオの前は、カラフルな井戸端会議場と化します。ほんのり加齢臭も漂います。




posted by nb at 06:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
すごい人間観察力ですね。 同意できることばかりで、おもしろい記事でした。

「マッチョは早風呂」
私は個人的に、マッチョは脂肪が少ない分、熱いお湯に弱いのではないかと思います。
Posted by ルームランナー at 2009年08月31日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。