2009年09月14日

忌野清志郎の世界と

9月9日、キヨシローの個展に行ってきました。
絵画をきちんと確認したかったので、
混雑しそうな週末を避けて、平日に休みを取って行ってきました。

おかげさまで、かなりゆっくりと堪能することができました。

キヨシローの個展に行ってみて、素直に感じたこと。
「絵って、オモシレー」
ってことでした。

ワタシは、自分の中に、所謂「絵心」というか「絵を愛でる心」というものが、あまり無い、と思っていました。
が、この個展に行ってみて、「絵って、オモレーじゃん。」と思うことができました。

今まで、行きたい/行きたくない に関わらず、そして、国内・海外問わず、様々な「美術館」に行きました。

これまで行った美術館では、あくまでも「展示すること」が主題だったんだな、と、思いました。

今回の個展では、絵画がかなりの点数ありました、
全て、ものすごい至近距離で見ることが出来ました。
というか、触ろうと思えば、触れました。
触りませんでしたけど。

高校の卒業制作で描いた「自画像」は、以降のものとは、まったく異質な匂いを放っていました。

愛娘や愛息を描いた絵たちは、見ているだけで癒されました。

罹患以降の自画像では、色遣いの妙や、油彩画の奥深さを感じました。

改めて、キヨシローの才能に触れることができました。
そして、「個性を大事にしろ!」と、言われているような気がしました。

当然のことではありますが、才能を考えれば、キヨシローと同じ表現方法はとれません。
けれど、自分の思いを、キヨシローに教わったことを含め、誰かに、何らかの形で、少しずつでも、伝えていきたい、と、改めて感じました。

内部の撮影は不可だったので、記録の意味も含めて、入り口の写真を掲載しておきます。

20090909-2.jpg

posted by nb at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 忌野清志郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127970003

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。