2009年10月31日

Fool’s Gold Rush

HARRYのニューアルバム「狼煙」、おとといの夜届きました。
髪切ったみたいだし、HPで試聴した「狼煙」や、最近のライブのセットリストの曲名を見ていて、これまでの感じとは違う何かを感じてはいました。

何度か聴いた感じでは、歌詞がこれまでとは明らかに違っています。

良いと感じるか、悪いと感じるかは、聴いた人それぞれなんだろうと思います。

ワタシとしては、ちょっと聴いただけでは、理解しにくい、という印象を持ちました。
良いか悪いか、という意味で言うと、「悪いわけがない」という、非常に曖昧なことしか、今は言えません。
バカな高校生だった頃、初めてスライダーズに出会った頃を思い出します。

佐野元春や浜田省吾とかしか知らない高校生だったので、「夢遊病」を初めて聴いた時「何これ?」って感じでした。
その後、何度も聴くたびに、新しい発見があるような感覚を、スライダーズのいろんなアルバムで味わいました。

2本のギターの絡みや、リズムの刻み方、言葉の乗せ方などなど、スライダーズの音を聴きながら、自分の音楽の嗜好は決定づけられたのだと思ってます。

音楽的には「スライダーズ育ち」ということなのかもしれません。
なので、ギターの音と歌声だけで、「悪いわけがない」という感覚になってしまいます。単純に、聴いてて気持ちいいし。

40のオッサンになった自分に、「狼煙」は、高校生の頃ほどの影響を与えるとは思いませんが、長く聴き込めるアルバムだと思います。

とりあえず、「足折れ案山子」というのがイイです。
♪ジ〜パング背負うは オッペケペ節よ〜
なんて歌ってます。

あと、「Old Black Man」は、最近亡くなった、あの人のことのような気がして、ちょっとシビレました。

当分、楽しめそうです。

そして、ライブが楽しみです。


posted by nb at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。